東亜合成/アクリル製品値上げ 、物流関連費用増加も要因

2018年06月28日 

東亜合成は6月28日、アクリル製品を7月1日出荷分より値上げすると発表した。

値上げ対象製品はアクリル酸、アクリル酸エステル、特殊アクリル酸エステル。値上げ幅は2018年第3四半期の国産ナフサ価格5万4000円/klレベルを前提に各製品とも12円/kg以上。

原油価格は世界的に上昇基調にあり、製品の主要原料である国産ナフサ価格も2018年第3四半期は同第2四半期の水準を超える見込み。

原油価格の上昇は、工場用役費(ユーティリティー)や物流関連費用の増加を伴い、製品コストの上昇は不可避な状況となっていた。

最新ニュース