SGHD/全国エコ絵画コンクール2018開催、作品募集を7月1日開始

2018年06月26日 

SGホールディングスは6月26日、小学生対象の環境絵画コンクール「SG ホールディングス/佐川急便 全国エコ絵画コンクール2018 」(後援:環境省)について、7月1日から作品募集を開始すると発表した。

<(昨年)環境大臣賞受賞作品(低学年の部)「いつまでも きれいなままで」>
(昨年)環境大臣賞受賞作品(低学年の部)「いつまでも きれいなままで」

<高学年の部「みつめれば ひらく 地球の未来」(昨年)>
高学年の部「みつめれば ひらく 地球の未来」(昨年)

<表彰式(昨年)>
表彰式(昨年)

5回目となるこのコンクールは次世代を担う子どもたちに絵画の創作を通じて楽しみながら環境問題について考えてもらい、環境意識の向上につなげることを目的としている。

テーマは「いつまでもつづく、せかいのじつげんをめざして」と題し、2015年9月の国連サミットにおいて採択されたSDGs(持続可能な開発目標)で定められている17の目標のうち、気候変動対策や地球資源や生物多様性の保全など、環境とのつながりが強い5つの目標を要素に取り入れることで、車両を利用する総合物流企業としてより環境教育・啓発に重点をおいたテーマ設定にしている。

作品は、小学1年生~3年生を対象にした「低学年の部」と、小学4年生~6年生を対象にした「高学年の部」に分けて募集する。部門別に選考し、最優秀作品にあたる環境大臣賞(各部門1名)をはじめ、優秀作品賞(各学年1名)、SGH賞(各部門1名)、審査員特別賞(各審査員につき1名)、佳作(各部門22名)の受賞作品を決定する。

環境大臣賞受賞作品は、佐川急便集配トラックのラッピングデザインとして採用され、2019年春ごろから全国主要都市で約80台走行する予定だ。

■問い合わせ
SGホールディングス/佐川急便 
全国エコ絵画コンクール事務局
TEL:03-3248-9144

最新ニュース