京東商城/エベレストのベースキャンプで、ドローンの配送テスト成功

2018年06月26日 

中国でECサイト大手のJD.com京東商城は6月26日、子会社の京東物流が開発したドローン3種が、標高5566mのエベレスト・ベースキャンプ地での飛行テストに、中国国内で初めて成功したと発表した。

<ドローンの飛行の様子>
ドローンの飛行の様子

<5㎏の荷物を運ぶドローン>
5㎏の荷物を運ぶドローン

京東物流のドローンは、これまでに、標高0~5500m範囲内地域での物流配達やテストを実施してきた。

高標高地や低気温、山あいで複雑に変化する気象条件など、難度が高い標高5500m以上の地域でテストに成功したのは、今回が初めて。

飛行試験に成功したドローンは、V3固定翼機型ドローン・Y3 6軸マルチコプター型ドローン・小型の固定翼ドローンの3種で、すべて京東が自社開発した。

飛行テストは1週間実施し、V3とY3型は標高5000m以上、5kgの積載物を載せた状態で安定した飛行をみせ、小型ドローンについては標高5556m以上の飛行高度を達成した。

これらの飛行技術には今後、標高の高い地域への物流や物資補給、地形計測や緊急時の捜索救難活動等、様々な分野での活用が期待できるとしている。

特に中国国内でもチベット高原は、広大な土地である一方で人口は少なく、インフラ整備や気候的な問題から物流に課題を抱えている。今後ドローンの快速直送便が実現できれば、配送速度の大幅な短縮や人的コスト、配送員の輸送リスク等を大幅に減少させることが可能となる。

最新ニュース

物流用語集