横浜市/横浜港本牧ふ頭で過去最大のコンテナ船入港

2018年06月25日 

横浜市港湾局物流運営課は6月22日、オーシャンアライアンスのメンバーであるフランスの船会社CMA CGM社により、今春からサービスを開始した南米航路「ACSA1」に投入されている「CMA CGM HYDRA」が大水深高規格ターミナルである本牧ふ頭D4コンテナターミナルへ初入港したと発表した。

<本牧ふ頭に着岸する「CMA CGM HYDRA」>
本牧ふ頭に着岸する「CMA CGM HYDRA」

<港湾局長より船長へ記念品贈呈>
港湾局長より船長へ記念品贈呈

同船は、本牧ふ頭に寄港するコンテナ船としては過去最大の1万1000TEU型の船となる。

ローテーションは、高雄~香港~蛇口~寧波~上海~釜山~マンザニーロ~ラザロカルデナス~ブエナベンチュラ~サンアントニオ~カヤオ~ラザロカルデナス~マンザニーロ~横浜(木曜日)~釜山~高雄。

■概要
名称:CMA CGM HYDRA
船籍:英国
総トン数:12万8600G/T
コンテナ積載量:1万1040TEU
全長:347.2m
全幅:45.2m

最新ニュース