カネカ/次亜塩素酸ソーダを値上げ 、輸送コストの増大も要因

2018年06月20日 

カネカは6月20日、次亜塩素酸ソーダの販売価格を、7月1日出荷分より現行価格に対しキログラム当たり6円以上の値上げを実施すると発表した。

次亜塩素酸ソーダ事業は、電力価格や原料価格の上昇に加え、物流面でもドライバーの確保や燃料価格の上昇により輸送コストが増大し、事業収益が悪化している。

製造設備の修繕や更新費用といった製造にかかるコストの増大も想定されていることから値上げに踏み切った。

最新ニュース