商船三井、三井物産/AKOFS社の株式取得、サブシー支援船事業参入

2018年06月19日 

商船三井と三井物産は6月19日、Akastor ASA(Akastor社)が保有するAKOFS Offshore AS(AKOFS社)の株式を一部取得する売買契約書を締結したと発表した。

既に2016年11月からAKOFS社と三井物産と3社共同で運営してきたサブシー支援船“Skandi Santos”の保有・リース会社を現物出資した上で、商船三井としての株式取得金額は約80億円になる。

AKOFS社の株式を取得することにより、サブシー支援船の運航や船舶管理などへも深く関与していくことになり、商船三井はサブシー支援船事業に本格参入する。

AKOFS社は現在3隻のサブシー支援船を運航中。“Skandi Santos”を含む2隻はブラジル国営石油会社であるPetroleo Brasileiro S.A.向けに貸船中、1隻はノルウェーのEquinor Energy AS(前Statoil Petroleum AS)向けに貸船予定で、いずれも海底石油・ガス田の構築、保守、改修等のサービスに従事している。

サブシー支援船事業は高度な設計・操業技術を必要とし、商船三井が50年以上にわたって培った海底ケーブル敷設船の船舶管理経験を活かすことができる分野。

商船三井は、この件を通じて、海底石油・ガス田の調査から構築・保守・改修・撤去までの期間を通じて安定的な需要と収益が見込めるサブシー業界への関与を深め、サブシー支援船事業を推進・拡大していく。

Akastor社はノルウェーに本拠を置く海洋業界大手Akerグループの中核企業の一社であり、商船三井と三井物産はAkastor社、Akerグループと長期的な視野に立った協業拡大の機会を追求する事で合意している。

■AKOFS社概要
設立:2008年
所在地:ノルウェー・オスロ
資本構成:商船三井25%、三井物産25%、Akastor社50%
(商船三井、三井物産による株式取得前はAkastor社100%)
事業内容:サブシー支援船を用いた海底石油・ガス田の構築、保守、改修等のサービス提供

最新ニュース