日本郵船/運航船が気象庁長官から表彰

2018年06月18日 

日本郵船は6月18日、運航するるスラリー式砂鉄運搬船「TAHAROA DESTINY」(タハロア デスティニー)が、多年にわたり海上気象の観測通報に貢献し、気象業務の発展に寄与した功績が認められ、気象庁長官から表彰されたと発表した。

<TAHAROA DESTINY>
TAHAROA DESTINY

国土交通大臣と気象庁長官は、海上気象または海洋観測・通報を励行している船舶に対して毎年表彰を行っている。日本郵船は、2005年には運航船3隻が国土交通省大臣表彰と気象庁長官表彰を受賞している。

今回表彰された「TAHAROA DESTINY」は、2012年に竣工し、年間約120万トンの砂鉄を主にニュージーランドから中国と日本へ輸送している船舶。

■本船概要
全長:290.40メートル
全幅:45.00メートル
夏期載喫水:18.314メートル
総トン数:9万267トン
載貨重量トン数:17万5522トン
管理会社:NYKシップマネジメント社(NYK Shipmanagement)

最新ニュース