井本商運/京浜-神戸-門司・博多航路増便、神戸-中京航路を新設

2018年06月14日 

井本商運は6月14日、輸出入コンテナのフィーダー輸送の強化と国内長距離輸送のモーダルシフト需要に応えるため、内航コンテナ船による国内定期航路を拡充すると発表した。

輸出入コンテナのフィーダー輸送や、国内コンテナ輸送サービスである「海コン便」の利便性が大幅に向上する。

現在、東京・横浜-神戸-門司・博多航路には、国内最大の内航コンテナ船「なとり(600TEU型)」が就航し、週1便の定曜日サービスを提供しているが、6月16日より、「しげのぶ(400TEU型)」を追加投入し、週2便のサービスに改編する。

「しげのぶ」は新たにひびき港への寄港を開始する。

従来不定期扱いであった神戸-名古屋・四日市航路に新たに100TEU型のコンテナ船を投入し、6月15日から週1便の定曜日サービスを開始する。

この2航路はいずれもハブ港である神戸港を拠点に、瀬戸内、九州各港とのトランシップサービスを実施する。これにより、瀬戸内、九州各港と京浜地区、中京地区が海路で結ばれ、最寄り港を利用したコンテナ輸送が可能となる。

■概要
なとり(現行):東京/横浜(水)-神戸(金)-門司(土)-博多(日)-神戸(月)-東京/横浜(水)
しげのぶ(新規):東京/横浜(土)-神戸(月)-博多(火)-ひびき/門司(水)-神戸(木)-東京/横浜(土)
100TEU型:神戸(金)-名古屋/四日市(土)-神戸(月)

東京/横浜⇔(瀬戸内地区) 水島、伊予三島、大竹、松山、徳山
ub@7 目四日市⇔(九州地区) 博多、門司、大分、志布志

最新ニュース