ヤマト運輸ほか/ID決済サービス「クロネコペイ」提供開始

2018年06月14日 

ヤマト運輸(YTC)とヤマトフィナンシャル(YFC)は6月14日、「クロネコメンバーズ」の会員情報との連携により、購入者が都度、住所やクレジットカード情報を入力する手間なく、ネットショップを安心して利用することで、通販事業者の売上拡大にも貢献するID決済サービス「クロネコペイ」を6月18日より開始すると発表した。

決済代行サービスを提供するYFCでは、会員数約2000万人のYTCの無料会員サービス「クロネコメンバーズ」と連携し、購入者が「クロネコメンバーズ」のIDのみで住所やクレジットカード情報を都度入力せずにスムーズに購入・クレジットカード決済が利用できるID決済サービス「クロネコペイ」の提供する。

「クロネコメンバーズ」に新たにクレジットカード情報登録画面が加わり、登録されたクレジットカード情報は、国際セキュリティ基準「PCI DSS」に準拠したヤマトグループの決済システムによって管理されるため、安心してネットショッピングを利用できる。

第一弾として、YFCが提供するネットショップ開業サービス「らくうるカート」や「クロネコwebコレクト」リンク方式を導入しているネットショップ約4000店で「クロネコペイ」に対応する。購入者がこれらの「クロネコペイ」連携通販サイトで、より快適なネットショッピングを楽しめる。

<注文時の流れ>
注文時の流れ

<決済ステップの流れ>
決済ステップの流れ

購入者の利用では、YTCの無料会員サービス「クロネコメンバーズ」にクレジットカード情報を登録することで、「クロネコペイ」連携通販サイトでの商品購入時に「クロネコペイ」を利用できる。なお、「クロネコペイ」の登録料・利用料は無料。

通販事業者の利用では、「クロネコペイ」の利用には、「クロネコwebコレクト」の契約が必要。なお、初期費用・固定費はかからず、決済手数料のみで利用できる。

導入メリットは、購入者は、ネットショップでの買い物の都度、住所情報やクレジットカード情報などを入力する手間がなくなる。

クレジットカード番号は、国際セキュリティ基準「PCI DSS」に準拠したヤマトグループの決済システムによって管理されるため、安心してネットショッピングを利用できる。「クロネコペイ」の登録料・利用料は一切かからない。

通販事業者は、購入者が住所情報の入力の手間や、クレジットカード情報を登録する不安を感じずにスムーズに購入できるため、販売機会の損失を防ぐ効果が期待できる。

複数の決済手段を利用している場合、それぞれのサービスごとに請求書やシステムの管理をしなければならないところ、YFCでは「クレジットカード」「代金引換」「後払い」など主要な決済手段を提供しているため、入金管理が一本化され、業務負荷が軽減される。

購入者のクレジットカード情報は、通販サイトを通過しないため、割賦販売法の一部改正により対応が求められているクレジットカード情報の非保持化にも対応している。発生する費用は決済手数料のみで、初期費用・固定費はかからない。

今後は、各種ショッピングカートとの連携を拡大することで、買い物ができる場所を増やしていくとともに、「クロネコペイ」の機能をさらに拡充することで、購入者と通販事業者が、より便利で快適にネットショッピングを利用できる環境の実現を目指している。

最新ニュース