SBSフレック/自転車のラストワンマイル配送を開始

2018年06月13日 

SBSフレックは6月13日、EC通販の宅配業務を運営している千葉県市川市の市川デリバリーステーション(DS)で、5月15日から配送業務専用電動アシスト自転車による配送を稼働したと発表した。

<自転車全景と配達員>
自転車全景と配達員

<荷台部分、荷台部分を外し、そのままエレベーターに乗せて配達することができる>
荷台部分、荷台部分を外し、そのままエレベーターに乗せて配達することができる

SBSフレックの市川DSは、JR総武線市川駅近くに位置し、その配達エリアは高層マンションと戸建住宅地が混在する住宅密集地域。

一方通行道路が多く、車では大きく迂回しなくてはならない場所が多い地域なため、配送効率を高める目的で配送業務専用電動アシスト自転車(配送用自転車)を導入する。

導入にあたっては安全への配慮を最も重視し、自転車配送専用のマニュアルを整備、普通自転車とは異なる法規上の位置づけや走行上の留意点などについて研修を行った。

配送コースは、配送用自転車の機動力を十分に発揮できるよう、もっとも住宅が密集しているエリアを中心に設定した。

SBSグループのロゴマークをあしらった配送用自転車を2台用意し、今年4月からテスト配送を開始。

テスト配送では、車両で15分ほどかかっていたエリアに5分で到着できるようになったことや、着脱可能な荷台のまま棟内を配達するなど、時間および作業量の軽減効果が確認できた。

また、配送員が、住民の目に留まる存在になったことで顧客とのコミュニケーションが活性化するという、想定していなかった効果も得ることができた、という。

約1か月半のテスト配送を通じて、軽自動車による配送との効果的な連携パターンや、ドライバーを安定的に確保する施策、大口・大型荷物の対応など、新たな課題も生じたが、現場で一つひとつ検証し解決しながらより良い運営方法を検討していく。

SBSフレックでは、安全性、効率性、経済性に優れ、環境負荷軽減など様々な効果が期待できる自転車配送を、今後も積極的に推進していくとしている。

最新ニュース