ARDN Technology/最大400kgを運搬するドローン、小規模量産へ

2018年06月13日 

ロシアのARDN Technology社は6月13日、重貨物向け産業用「SKYFドローン」の小規模量産を開始するため生産拠点を3倍に拡張したと発表した。

<SKYFドローンユースケース>
SKYFドローンユースケース

SKYFドローンユースケース

SKYFドローンユースケース

生産される最初のSKYFドローンは既に契約済みの顧客での運搬を含むテスト運航に使用される。そのテスト結果は開発チームで検討され、2020年までに欧州で量産体制を開始する計画だ。

SKYFドローンは”ハルク”とも呼ばれる重貨物向けに特化した産業用ドローンで最大400kgの貨物運搬、最長350kmの運航が可能。

農薬世界最大手のSyngenta社やロシア郵便事業などをクライアントとし、既に一部テストフライトを成功させている。

さらに2018年からはSKYFchainという世界初のBtoR(Business to Robots)ドローンオペレーティングプラットフォームの開発を進めている。

SKYFchainはブロックチェーンに基づくスマートコントラクトを活用することでドローン管理者、クライアント、保険会社などの金融機関、規制当局などの市場参加者間における利用契約、許認可手続きの自動締結、自動実行を実現する。

今年4月には日本の航空宇宙防衛コンサルタンティングファーム CARCIEL社(東京)と共同開発契約を締結した。

なお、SKYFドローンの特徴は、タスク、気候、規制それぞれに合わせたドローンのモディフィケーションが容易にできるユニバーサルデザイン。

リフトアップローターとステアリングローターの機能が分離することで、ドローンを浮上させるためにガソリンエンジンのエネルギーを直接利用するというハイブリッド機構を採用している。現在マーケットにはSKYFドローンの競合プロダクトは存在しないという。

SKYFドローンユースケース

SKYFドローンユースケース

■SKYFchain
https://www.skyfchain.io

最新ニュース