日本GLP/千葉県流山市で9.6万m2の物流施設竣工

2018年06月12日 

日本GLPは6月12日、千葉県流山市での先進的物流施設「GLP 流山II」を竣工したと発表した。

<GLP 流山II外観>
GLP 流山II外観

一棟賃貸を前提とした賃貸借契約締結に向け、最終調整中。

3棟から成る総延床面積約32万m2、投資総額約590億円のGLP流山プロジェクトは、2016年9月から2017年10月にかけて3棟が順次着工し、「GLP流山I」は2018年2月に竣工済み。

新たに竣工した「GLP流山II」は、地上5階建て、延床面積9万6435m2でプレキャストコンクリート(PC)造・免震構造の先進的物流施設。

都心から約25km、常磐自動車道「流山」ICから約1km、外環自動車道と首都高速自動車道が利用可能な「三郷」ICまで約6km、国道16号線にもアクセス良好、加えて東武野田線「初石」駅から約1.8kmに立地する。

GLP 流山プロジェクトの最大の特徴は、生産加工、保管、流通加工、配送まで、物流プロセスをトータルで支援する次世代型施設を目指した点。

「GLP 流山II」は、各階への効率的なアクセスを可能にするダブルランプウェイを備え、4階では重量物向けに低床バースの高床荷重エリア(2.0t/m2)を整備すると同時に、将来のメザニン床の設置にも対応した施設設計も取り入れている。

業界初の取組みとして、「GLP 流山I」と「GLP 流山II」の2施設に入居する企業が共通して利用できる「共同荷受システム」を導入した。

入居企業のトラック受付を共同荷受室内のタブレットで行い、接車予定時間や呼び出し時間をドライバーの携帯電話にSMSで知らせ、待機時間を明確化すると同時に、入居企業も待機時間の記録により、荷受作業全体の効率化を推進出来るシステム。

庫内で働く従業員方向けにアメニティの充実にも注力し、厨房機能付きで温かい食事を提供するカフェテリア(4階)、シャワー室、コインランドリー、宅配ロッカー、シェアサイクルなどを整備することで、より働きやすい環境を提供する。

また、「GLP 流山I」と共同で、シャトルバスの運行や給油所・洗車場サービスを展開すること等、一体運用による相乗効果も期待でき、一層のテナント満足度の向上に努めている。

「GLP 流山 II」では、免震装置を備え、BCP対策として発電機により災害時でも事務所・トイレ照明等の電源確保、井水、び排水再利用によるトイレ洗浄水の継続利用などが可能となっている。

日本 GLP の帖佐義之社長は、「『GLP 流山II』では、企業にとって喫緊の課題である物流の効率化とトラックドライバーの待機時間の短縮を共同荷受システムの運用により実現する。また、『GLP 流山I』に引き続き、働く人の快適性も追求している。GLP 流山プロジェクトは日本GLP が今まで物流不動産に特化した開発で蓄積してきた知見とノウハウを結集したプロジェクト。企業のビジネス成長のサポートとなる先進的物流施設を今後も提供していく」と述べている。

■施設概要
施設名:GLP流山 II
所在地:千葉県流山市南261
敷地面積:4万2945m2
延床面積:9万6435m2
着工:2016年11月
竣工:2018年5月

最新ニュース