外環道千葉区間開通/都心を経由した通行量が13%減少

2018年06月11日 

ナビタイムジャパンは6月11日、東京外環自動車道(外環道)千葉区間(三郷南IC~高谷JCT間)開通に伴う、「首都圏の交通流」への影響分析結果を発表した。

<外環道の開通に伴うルートの変化(広域分析)>
外環道の開通に伴うルートの変化(広域分析)

それによると、東関東自動車道湾岸市川IC付近での東京・埼玉方面への流出ルートを可視化した。開通前は、東北道方面へ向かう車両が、首都高中央環状線を経由している。

開通後は、首都高中央環状線を経由し同方面へ向かう車両の通行量が13%減少した。

この結果から、外環道千葉区間の開通により、千葉方面から東北道方面に向かう車両が都心部の流入を回避し、外環道の新規開通区間を経由したルートを選択した傾向が見受けられるとしている。

<外環道の開通に伴う旅行速度の変化(狭域分析)>
外環道の開通に伴う旅行速度の変化(狭域分析)

「千葉県道1号松戸市川線」を含むエリアでの平日朝(7:00~10:00)の旅行速度、道路の所要時間を可視化した。

旅行速度についてみると、開通前は県道1号線、外環道松戸IC付近から国道14号(市川広小路交差点)にかけて、速度低下が連続して発生している。一方、開通後は同区間の速度が回復傾向にある。

<外環道の開通に伴う所要時間の変化(狭域分析)>
外環道の開通に伴う所要時間の変化(狭域分析)

ピーク時(6:00~9:00)の所要時間に着目すると、開通前は同区間の通貨に最大30分程度を要している。一方開通後のピーク所要時間は最大10分程度となり、約20分短縮された。

この結果から、外環道千葉区間の開通により、通過交通が外環道に転換し、周辺一般道での交通流の改善傾向が見受けられるとしている。

なお、この分析は、「広域」「狭域」の観点から、道路プロファイラーを用いて開通前後の各平日3日間の比較を行ったもの。ナビタイムジャパンが提供するカーナビアプリ(カーナビタイム、トラックカーナビ、他)から取得した自動車の走行実績データを活用した。

最新ニュース