フェデックス/2018年地球市民報告書発行

2018年06月11日 

フェデックス・コーポレーションは6月11日、「グローバル・シティズンシップ・レポート2018」をウェブサイトで公表した。

レポートでは、責任と共に臨機応変に全世界をつなぐために、フェデックスがどのような取り組みを行っているかを詳しく紹介し、3つの主要分野(経済、環境、人材)でのフェデックスの戦略と目標、プログラム、進捗状況についての最新情報を掲載している。

2017年度(2016年6月~2017年5月)のフェデックスの社会的目標に対する達成状況に関するデータも表記している。

経済面のハイライトでは、フェデックスの2017年度売上は前年度を20%超え、初めて600億ドルを達成した。

Eコマースの記録的成長により物流業界図は変わりつつあるが、フェデックスはこの市場トレンドに対応し、小売店と協力することで顧客の発送と荷物の受け取りを容易にした。

アジアでは、セブンイレブンと提携し24時間体制の発送サービス拠点を増やした。その他、台湾でのiShipドロップオフサービスや香港、台湾のセブンイレブン5000店舗以上で荷物の受け取りが可能となった。

香港では70か所にSelf-Service Lockersを設置し、受け取り方法を増やしている。

顧客はFedEx Delivery Managerを使って、集配オプションを利用することができる。FedEx Delivery Managerはオーストラリア、中国、日本、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、台湾で利用可能なサービス。

環境面は、フェデックスでは、「Reduce, Replace, Revolutionize(削減、置き換え、変革)」の活動を通して全世界で230万トンの二酸化炭素を削減した。 2017年度には新機種の導入とFedEx Fuel Senseプログラムにより1億7700万ガロンのジェット燃料の節減にも成功した。

FedEx Fuel Senseチームは社内の機体のオペレーションを通じて、効率性を特定することが課されている。機体に携わるすべての従業員が燃料効率に関する意識を改革し、燃料節約に向けた革新的な方法を模索している。

フェデックスでは電気自動車を約300台導入し、電気自動車の保有台数は2100台を超え、フェデックス フレイトでは完全電気トラックのテスラ・セミを20台発注している。

人材面では、フェデックスの42万5000人を超える世界中の従業員が、Purple Promiseへコミットし、「すべての人に最高のFedEx体験を」提供するために団結している。従業員に対して、フェデックスは皆が成長し成功できる安全な労働環境を提供している。

多くの従業員が、2017年度には、1万4000営業日(1日8時間)に相当する11万1200時間のボランティア活動を行った。

最新ニュース