川崎汽船/社内環境保全貢献活動でキャリアカー開発が最優秀賞

2018年06月07日 

川崎汽船は6月7日、「“K”Line Group 環境アワード2018」表彰を6月5日に行い、PT. “K” Line Mobaru Diamond 社(KMDI)のトラックキャリアの利用によるCO2及び運送コストの削減が最優秀賞となったと発表した。

KMDIは顧客であるPT Hino Motors Manufacturing Indonesia社 (HMMI)と提携して、小型トラックを4台積載できるキャリアカー(トラックキャリア)を開発し、2017年2月より運用を開始した。

従来、HMMIではトラック(商品)を工場渡しとし、その多くが自走していたため、輸送中のダメージなどが懸念されていた。トラックキャリアの開発により、輸送品質の向上と併せ、走行車両を減少することで、燃料消費の削減を実現した。

トラックの販売会社である PT. Hino Motors Sales Indonesia (HMSI)社の協力のもと、国内長距離輸送にも利用されている。

優秀賞は、「オフショア支援船のベルゲン港における陸上電源の利用」(K Line Offshore AS)、タグボートの船体流しにおける錆の発生・飛散及び排出量抑制による海洋汚染防止」(ダイトーコーポレーション)、「廃材販売による資源リサイクル環境保全及びコスト削減・貨物輸送増」(K Line Container Service (Thailand) Ltd.)、「バコロド市、ボホル島、マニラ湾(フィリピン)での環境保全活動」(Veritas Maritime Corporation)が選ばれた。

最新ニュース