フードバンクのセカンドハーベスト/SBSグループが物流で支援

2018年06月07日 

フードバンク団体であるセカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)は6月7日、SBSホールディングスと、2HJのフードバンク活動の支援に関する覚書を締結したと発表した。

具体的には、2HJで企業・団体から寄贈食品を引き取るニーズが発生した場合、SBSロジコムをはじめとするグループのトラックに空きスペースがあればそれを利用して食品を引き取って2HJの配送拠点まで無償で輸送してもらうほか、2HJの倉庫運営や車両運行全般に関する助言・提案も行う。

2HJは現在、2020年の1年間に東京都内で10万人、神奈川・埼玉で6万人に対し「生活を支えるのに十分な食べ物」を渡すことができるフードセーフティネットの構築を目標とする、「東京2020:10万人プロジェクト」を推進中。

この目標の達成には寄贈食品の大幅増とともに、食品の引き取りから支援先への輸送までの物流インフラの整備・拡充が急務。

寄贈される食品の量や種類は一定ではなく、限られた運営資金の中でその上限にあわせてトラックやドライバーを確保するのは難しいのが現状だ。そうした中、SBSグループという物流のプロフェッショナル企業からの支援は課題解消への大きな弾みとなる。

一方、SBSグループは事業戦略と一体化したCSR活動を推進しており、社会貢献活動においてもその領域を広げようと積極的に取り組んでいる。

2HJの活動への支援について、SBSホールディングスのCSR推進部 佐川次長は「事業を通じた社会貢献を探っていたところ、2HJが物流支援を求めていることを知り、お声掛けさせていただいた。私共にとってフードバンク活動の一端を担わせていただけることは名誉であり励みにもなる。フードセーフティネット構築に少しでも寄与できるよう支援を続けていく」としている。

最新ニュース