SGHD/自然体験学習(田植え体験)、5月3日開催

2018年06月06日 

SGホールディングスは5月3日、「SG ホールディングスグループ自然体験学習(田植え体験)」を滋賀県守山市の水田で実施した。

<田植え体験>
田植え体験

田植え体験

守山市地域住民の方々やSGホールディングスグループの従業員とその家族など118名が参加した。

子供たちは素足で水田に入り、泥の感触に歓声をあげながら、懸命に苗を植えていた。

子供たちが昔ながらの手植えという手法で苗を植えることで、自然と直に接し、自然の恵みや食物の大切さを学んでもらうことを目的に、2007年度より継続している。

今回植えた苗は9月に開催予定の「稲刈り体験」で収穫し、精米後、10月中旬に「飛脚米」として田植え・稲刈りの参加者に配布する予定。

最新ニュース

物流用語集