SBSフレック/茨城県阿見町に3温度帯物流センター竣工

2018年06月06日 

SBSフレックは5月30日、茨城県阿見町に3温度帯物流センター「阿見物流センター」を竣工した。

<SBSフレック阿見物流センター>
SBSフレック阿見物流センター

昨年5月に着工していたもので、7月から大手企業チルド原料の保管が決定している。

常温・冷蔵・冷凍の3温度帯に対応した食品専用3PL物流拠点で、首都圏中央自動車道阿見東ICから約5分、大洗港・常陸那珂港からの約1時間の立地。

同センターでは、高品質な食品専門3PLサービスの提供、細やかな温度設定が可能で、厳密な温度管理・鮮度管理を必要とする商品のニーズにも対応する。

独自の全国輸送網と各地域を網羅した地場の輸配送ネットワークにより、関東一円のみならず全国規模のサプライチェーンをカバーできる。

<位置図>
位置図

■SBSフレック阿見物流センター 概要
所在地 茨城県稲敷郡阿見町星の里6-1
敷地面積:31,304.36m2
延床面積:7,734.33m2
倉庫面積:常温911m2、冷蔵5,099m2、冷凍891m2
倉庫構造:鉄骨造、地上3階建て
主な設備:垂直搬送機1基、貨物用EV1基、ドックレベラー1基
ドックシェルター:小型1バース、中型8バース、大型3バース

最新ニュース