三菱重工/チャイナ・コスコ・シッピングと方形SOxスクラバーの実証試験

2018年06月06日 

三菱重工業は6月5日、グループ企業の三菱造船と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が共同開発した大型船舶向けの方形スクラバーについて、中国国営造船集団である中遠海運重工(COSCO Shipping Heavy Industry CHI)のグループ造船会社であるCOSCO Shipping Heavy Industry (Dalian) (CHI大連)と連携してChina COSCO Shippingの大型船に実証試験機を搭載することで合意した。

<調印式>
調印式

方形スクラバーは、三菱造船の船舶エンジニアリング力とMHPSの総合排煙処理技術の融合により実現したもの。

限られた設置スペースを有効に活用できる利点に加え、MHPSが火力発電所向け排煙脱硫装置で培った高い脱硫技術により、硫黄分濃度3.5%の安価なC重油燃料を燃焼させたガス中のSO2(二酸化硫黄)を、2020年に全海域が対象となる厳しいSOx(硫黄酸化物)排出規制レベルに適合する0.1%硫黄分燃料相当まで低減することができる。

今後、三菱造船とMHPSを通じて、CHI大連と方形スクラバーの製造・販売提携に向けた協議を進めていきます。

三菱重工グループでは、この方形スクラバー技術を活用した製品の一つとしてこのほど、煙突と排ガス洗浄装置を一体構造とした船舶用機能性煙突「ACTIVE FUNNEL(アクティブ・ファンネル)」の販売も開始している。

最新ニュース