アマゾン/小学生170名に最先端のFCとロボティクスを教育

2018年06月05日 

アマゾンは6月5日、アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)近隣の東高津小学校と連携を図り、5年生170名を対象に、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を学ぶSTEM教育について、FCとAmazon Roboticsを題材としたワークショップを実施した。

<STMワークショップの様子>
STMワークショップの様子

<プログラミングソフトUI>
プログラミングソフトUI

<プログラミングソフトで学習する児童たち>
プログラミングソフトで学習する児童たち

<集合写真>
集合写真

社会科の特別授業として、45分の授業を2回行った。国内初の「Amazon Robotics」が導入された川崎FCの責任者である梶山浩史サイトリードにより、Amazon のグローバルビジネスについての説明を行った。

次に児童達は、人とロボットが協力して、受注から発送までの時間をどのようにして短縮しているかを学ぶために、商品の棚出し作業、安全に作業するためのダンボールの運び方、顧客の商品を丁寧に梱包する方法の3つの体験に参加した。

FCを題材としたSTEM ワークショップの時間では、Amazon のFire タブレットを使用して、商品の入荷から出荷までの工程のイラストを操作するプログラミングソフトによる体験学習を実施した。

プログラミングソフトは、児童たちが視覚的・感覚的に物流を学び理解することを目的として、今回の授業のために特別に開発したもの。

小学生向けに物流をテーマにしたプログラミングソフトを利用した授業を提供するのは、川崎市内ではAmazon が初めてとなる。

ワークショップの最後には、児童一人ひとりが、今回の授業で学んだ最先端の物流をテーマに、ロボットのイラストを描いた。

参加した児童は、「荷物を運んだり、プログラミングソフトを体験したり、イラストを描いたりして、物流の仕組みを楽しく勉強できました」「Amazon のFC は、安全第一で、お客様と約束した時間に荷物を届けていることが凄いと思いました」との感想。

東高津小学校の齊籐校長先生は、「近年、社会における物流の重要性が高まる中、川崎FCに体験教室を開催して頂き、深く御礼を申し上げます。今回のために新しく用意いただいたプログラミングソフトは、最新の物流施設の仕組みを子どもたちに分かりやすく伝える、先進的な教材でした。Amazon は、地域のために貢献してくれるパートナーであることを教員一同が、実感しています」とコメントした。

川崎FC梶山浩史サイトリードは「地域のコミュニティの一員として、体験教室を実施できたことを大変嬉しく思います。今回の教室を通じて、子どもたちがAmazon のフルフィルメントセンターが、いかに顧客に最高のサービスを提供しようとしているかを理解していただければ幸いです。また、子供達が、STEM の分野について、より実社会に近い形で学べるように今後も協力したいと思います」とコメントした。

最新ニュース

物流用語集