住友倉庫/シンガポール子会社がISO13485認証取得

2018年06月04日 

住友倉庫は6月4日、子会社である Sumitomo Warehouse (Singapore) (以下:SWS)が、医療機器等での品質マネジメントシステムに関する国際規格ISO13485の認証を取得したと発表した。

ISO13485は、ISO9001による品質管理をベースとし、医療機器等に関する開発、製造、輸送、設置、販売といったプロセスごとに、製品の安全性等を担保するための一定の基準が満たされていることを認証するもの。

シンガポールでは、医療機器メーカー等に同認証又は保健科学庁が定める認証を取得する義務があるため、その物流に携わる事業者にも同様の基準を満たすサービスの提供が期待されている。

SWSは、倉庫と運送業務に関するISO13485を取得し、更に安全性の高いサービス提供が可能となったことから、医療技術産業が集積するシンガポールで、今後、医療機器等に関する物流需要を取り込み、一層の取扱拡大に努めていく。

■認証の概要
認証資格:ISO13485:2016
認証機関:United Registrar of Systems
認定機関:United Kingdom Accreditation Service(UKAS)
登録範囲:医療機器に関する倉庫保管、陸上運送、フォワーディング、海上・航空貨物輸送
認証事業所:シンガポール本社・第一倉庫(8 Tuas Avenue 5, Singapore 639334)
認証日:2018年5月17日

■Sumitomo Warehouse (Singapore) Pte Ltd の概要
社名:Sumitomo Warehouse (Singapore) Pte Ltd
資本金:200万シンガポールドル
設立:1988年10月
ISO 関連認証取得:ISO9001 (品質マネジメントシステム) 2009年1月取得
         ISO14001(環境マネジメントシステム) 2010年1月取得
         OHSAS18001(労働安全衛生マネジメントシステム) 2014 年8月取得

最新ニュース