ファーストシステム/コンテナ型油浸冷却システム販売

2018年06月04日 

ファーストシステムは6月4日、GRC社油浸冷却システムの販売に加えてあらたにマイニング/ブロックチェーンに適したAntminer S9を高密度実装できるコンテナ型油浸冷却システムHashTankシリーズを販売開始すると発表した。

<構成図>
構成図

<油浸ラック>
油浸ラック

<シンプルな構成と冷却フロー>
シンプルな構成と冷却フロー

GRC社のHashTankシリーズは、油浸ラック+ポンプモジュールの構成を20フィートあるいは40フィートコンテナに内蔵しており、従来の空調・防湿・防塵・UPS等の設備が不要な冷却システム。

コンテナ内の設置スペースをフルに活用することができる。

40フィートコンテナを利用したHashTank40の場合、AntminerS9を最大で432台(52Uラックx6基分670kW・6,048TH)収容することが可能で、 DC専用でない建造物や敷地(工場や商業施設、倉庫、駐車場など)に設置してすぐに稼働させることが可能。

従来の液浸型マイニングマシンやGPUマイニングリグの冷却電力を大幅におさえ(30%以上)、 工期を大幅に短縮し(約8週間)マイニングファームの投資効率を最大化することを可能にする。

4MW超のDCをHashTank40で構成する場合、コンテナ×6基が必要となる。

従来のDC専用の建物・空調設備を新設した場合と比較すると、 建設コスト・床面積は1/4に、建設期間は1/10に圧縮、サーバの消費電力は30%削減、冷却電力は90%削減の試算となる。

初期~運用までコストを大幅に圧縮し、早期にサービスインして収益化を図ることが可能だ。

■油浸冷却システム
メーカ: GRC(GreenRevolutionCooling)
販売代理店:ファーストシステム
http://www.first-systems.co.jp

最新ニュース