山崎製パン/パン製品値上げ、物流費増加も一因

2018年06月01日 

山崎製パンは6月1日、一部のパン製品の価格を7月1日出荷分から、改定すると発表した。

4月から輸入小麦の政府売渡価格が引き上げられたことを受け、パン製品の主要原料である小麦粉の値上げが実施される。輸入小麦価格は、昨年の4月と10月に続いて3期連続の値上げとなった。

乳製品や油脂などの原材料価格が上昇し、電気やガス、軽油などのエネルギーコストも上昇。さらに物流費や人件費も増加しており、コスト増加を吸収すべく企業努力を続けているが、大変厳しい状況となったとしている。

引き続き高品質で安全・安心な製品を提供するため、一部のパン製品について価格改定を実施するもの。

対象製品は、一部の食パン、菓子パン、改定内容は対象製品の出荷価格を平均で3.8%値上げ。

最新ニュース