古野電気/COSCO SHIPPINGのグループ会社と中国で合弁会社設立

2018年06月01日 

古野電気は6月1日、中国遠洋海運集団(COSCO SHIPPING)のグループ会社である中遠海運科技(CS Tech)、平成商事との間で、合弁会社設立に関する契約を5月31日に締結したと発表した。

<写真手前左から古野電気・古野幸男社長、CS Techの蔡惠星董事長、平成商事の今江友博社長>
写真手前左から古野電気・古野幸男社長、CS Techの蔡惠星董事長、平成商事の今江友博社長

CS Techは、交通システムのスマート化や陸上と海上交通の情報化の研究開発・販売・システムインテグレーションなどを推進している。

両社は中長期的に船舶用通信機器ならびにナビゲーション機器の提供や共同研究などを視野に、両社の強みが発揮できるパートナーシップを構築したいとの思いが一致したことから、今回の合弁契約締結に至った。

合弁契約は、古野電気の中国市場での船舶用電子機器販売代理店でもある平成商事を含む3者での締結となっている。

今後は合弁会社設立後、中国での内外航船舶や河川運航船舶を対象とする販売・サービス事業を段階的に推進するほか、安全安心かつ効率的な船舶の運航に関わる将来研究を検討する方針だ。

古野電気は、船舶用電子機器の開発・生産・販売・アフターサービスをコア事業と位置づけ、世界80か国以上に設置した販売拠点を通じてグローバルなビジネスを展開している。中国市場でも商船ならびに漁船向けの各種機器販売とアフターサービスを提供している。

一方、COSCO SHIPPINGグループは世界最大の海上輸送能力を保有する総合海事産業グループとして、海運や陸運、港湾、金融、造船等製造、海事・社会インフラサービス、インターネットプラス政策に基づくイノベーション事業などを手掛けており、ばら積み貨物船やLPG船、特殊船の海上輸送能力、コンテナバースの処理能力、船舶燃料の販売量で世界一、コンテナ船の輸送能力ならびに海洋資源開発設備の建設でも世界で大きなシェアを有している。

■合弁会社の概要
名称:中遠海運古野通信導航科技(上海)
英語名称:COSCO SHIPPING FURUNO Navigation Technology (Shanghai)
所在地:中国(上海)自由貿易試験区瀋家弄路738号6階
経営範囲:船舶通信ナビゲーションとその周辺商品およびシステムの技術研究開発、設計、生産、システムインテグレーション、販売、サービス提供など
資本金:3000万人民元(約5億円 17人民元/円として)
決算期:12月
出資比率:中遠海運科技50%、古野電気40%、平成商事10%
設立・営業開始時期:いずれも2018年内を予定

最新ニュース