サッポログループの物流改革で講演/6月15日開催

2018年06月01日 

シーアールイー(CRE)は6月15日、「サッポログループの物流改革 ~当社が考える“みらい物流”への取り組み~」をテーマにCREフォーラムを開催する。

サッポロビールを中心に、連結会社55社を抱え創業以来140年余りの歴史があるサッポログループは、コア事業「酒」「食」「飲」の3分野と不動産事業とともにブランドの育成・強化を図っている。

創業150年の節目となる2026年に向けて、各事業会社の戦略による商品多層化や事業分野の拡大が異次元のスピードで進んでいく中、事業変化と物流環境の変化に対応すべく、物流業務の標準化を徹底し、2020年までに標準業務基盤を構築していく。

CREフォーラムでは、“みらい物流”のグループロジスティクスの取り組みについて、サッポログループマネジメントのグループロジスティクス部 グループリーダー 井上 剛氏を招き、「標準化」「可視化」「シェアリング」のキーワードを用いて実例を元に講演する。

■開催概要
日時:6月15日(金) 15:00~16:40(開場14:30~)
会場:虎ノ門ツインビルディング西棟B1階
東京都港区虎ノ門2-10-1
参加対象:荷主・物流企業
参加費:定員
無料:70名限定 (定員数を超えた場合、申し込み期限前でも終了する場合がある)
申込期限:6月13日(水)18:00

■詳細・申込み
https://www.logi-square.com/sh/dd5a3c81ba

■講師
サッポログループマネジメント
http://www.sapporoholdings.jp/company/group/sgm/

グループロジスティクス部 グループリーダー
井上 剛 (いのうえ たけし)氏

1997年4月サッポロビール入社。名古屋、関西のロジスティクスセンターに勤務したのち、2003年に本社サプライチェーンマネジメント部に異動。サッポロ流通システム本社ロジスティクス推進部、同本社物流業務部、サッポロビール本社サプライチェーンマネジメント部、サッポログループ物流 本社ロジスティクスソリューション部ソリューショングループ部長を経て現職

セミナーのポイント
・物流改革の3つ核心は「標準化」「可視化」「シェアリング」
・少ないリソースで物流を効率的に回せる体制に
・水平協業型のパートナー各社様との取り組み事例
・10年後の物流において予想される環境の変化 
・人財育成について

■問合せ
シーアールイー 
マーケティング室
担当:山賀幸恵 (ヤマガ)
leasing_mail@cre-jpn.com
TEL:03-5572-6604

最新ニュース