鴻池運輸/電気工事業のエヌビーエスの全株式を取得

2018年05月31日 

鴻池運輸は5月31日、国内外でプラントエンジニアリング事業(電気工事業)を手掛けるエヌビーエス(NBS)の全株式を本日付けで取得したと発表した。

これにより、KONOIKE グループの注力事業の一つであるエンジニアリングサービスにおいて、従来展開してきたプラント機器・設備の機械設計・据え付け工事に加え、NBS が得意とする電気・計装設計や運転管理まで一貫したサービスの提供が可能となる。

NBSのグループ化により、鴻池運輸は電気・計装・制御分野のエンジニアリング事業を強化させることで、プラントメーカーはじめ、各種メーカー向けにエンジニアリング業務一式の営業を展開できる効果を期待している。

NBSの海外事業を展開する顧客向けにKONOIKEグループのグローバルネットワークを生かすことで、海外におけるエンジニアリング事業を強化、両社の融合により、総合力を早期に発揮し、新たな海外、国内関連事業、異業種への参入を目指すとしている。

4月1日付で新設された環境・エンジニアリング本部により、これから拡大するエンジニアリング事業のマネジメント体制も強化させ、成長を加速させる。

NBSは、発電所やエネルギー関連プラントのエンジニアリング事業において、自社で技術者を擁し、約30年にわたる経験と実績のある会社。

■概要
商号:エヌビーエス
本社:福岡市博多区奈良屋町5-10
会社設立 1985年6月11日
資本金:4700万円 従業員数 88名
事業内容:エンジニアリング事業(発電所/エネルギー関連プラントの電気・計装・制御分野における技術者の派遣、請負)

最新ニュース