三菱造船、MHPS/コンテナ船に最適なSOx除害システムをスタート

2018年05月31日 

三菱造船と三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、最先端のSOx除害システム「ACTIVE FUNNEL」を共同でスタートしたと発表した。

<非常に大きなコンテナ船の場合は「ACTIVE FUNNEL」>
非常に大きなコンテナ船の場合は「ACTIVE FUNNEL」

新しく導入されたSOx排出物に適合するように、3.5%硫黄含量の燃料の排気ガス中の二酸化硫黄(SO 2)を0.1%硫黄含量の燃料に減少させる最適形状の排気ガス洗浄構造を含む漏斗である2020年1月1日現在で世界的に施行される規制。

新たな信頼性の高いSOx除害システムは、造船所での長期造船経験により開発された三菱造船の海洋工学の専門技術と、火力発電所の脱硫システムを提供することで培った総合的な排ガス処理技術を組み合わせることで開発された。

MHPSの陸上煙道ガス脱硫システムは、大型船舶用ディーゼルエンジンの排出量の7~20倍相当の処理能力を備えている。

ACTIVE FUNNELは、排気ガスの排出量が大きく、SOx除害システムの設置スペースが限られた非常に大きなコンテナ船に最適。

大量の排ガスを脱硫することができ、フレキシブルな設計により、船舶のコンテナ容量を維持しながら、コンテナホールド間の狭いスペースにも設置することが可能。

ACTIVE FUNNELは、1つのモジュールとして提供され、改装期間が短いため、既存船への設置にも適している。

オープンループシステムとハイブリッドシステムの両方に適用可能なACTIVE FUNNELは、従来のファンネルに高度なSOx除去機能を提供する。

今後は、VLCC(VLCC:200,000-310,000 DWT)やVLOC(Very Large Ore Carrier)に新しいACTIVE FUNNEL技術を適用し、ラインナップの拡充を図る。

新しいSOx排出規制が発効すると、ACTIVE FUNNELは環境に配慮した経済的な世界的な海運のさらなる発展に貢献することが期待されるとしている。

最新ニュース