アリババ/スマートロジスティクスネットワーク構築に1000億元以上投資

2018年05月31日 

アリババグループは5月31日、グループのジャック・マー会長が菜鳥の「2018 Global Smart Logistics Summit」で、配送効率の向上と物流コストの大幅削減を目的にした”スマートロジスティクスネットワーク”の技術的基盤構築のために、1000億元以上を菜鳥に投資すると発表した。

菜鳥はアリババグループの物流プラットフォームを運営する企業。

ネットワークは主に、中国全土での当日配送の実現と、物流コスト削減、製造業と物流部門で利益創出を目指している。さらに世界各国への配送も72時間以内に完了させることも目標としている。

ジャック・マー会長は「物流業界の技術革新が進むことに伴い、菜鳥は物流業界の「頭脳」となることを目指す。菜鳥の誕生以来、そのミッションは物資の配送することではなく、配達員や倉庫、配送拠点、都市、住宅などのすべての物流要素を結ぶネットワークを構築することで、物流会社の配送を支援すること。アリババグループがこのネットワークを構築することで、将来的なニーズにも物流業界として応えられるようになることを願っている。今日、物流業界では1日に1億個の荷物を処理している。今後は1日に10億個の荷物を処理することになる。物流業界は、強固なインフラストラクチャーを整える必要がある」と話した。

最新ニュース