プロロジス/千葉に14.6万m2の施設を起工、すでに4割入居決定

2018年05月30日 

プロロジスは5月30日、千葉県千葉市稲毛区で、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク千葉1」を起工した。

<プロロジスパーク千葉1完成予想図>
プロロジスパーク千葉1完成予想図

<位置図>
位置図

<現在の開発地>
現在の開発地

開発費はおよそ300億円、隣接地にBTS型(予定)の「プロロジスパーク千葉2」が約150億円と、合わせて450億円のプロジェクトとなる。

「プロロジスパーク千葉1」着工に先立ち、全体の約40%に相当する施設の1階~2階部分に理化学機器等の総合商社アズワンの入居が決まっている。

「プロロジスパーク千葉1、2」の開発地は、千葉湾岸エリアから約6kmに位置し、国道16号と東関自動車道の結節地点に位置する。東関東自動車道千葉北ICから約3㎞、京葉道路穴川ICからも約4㎞と至近。

東関東自動車道と京葉道路の両高速を利用して都心部へアクセスすることが可能で、国道16号を利用した首都圏配送の利便性にも優れている。

eコマースを中心に、首都圏へ配送する食品・日用雑貨、空港を利用した国際貨物など、多様な物流ニーズに対応できる物流適地。

周辺環境は、千葉市、四街道市内には複数の住宅集積地が広がり、JR稲毛駅、西千葉駅、四街道駅から発着するバス路線網も充実している。周辺には暮らしをサポートする大型商業施設や飲食店、レジャー・公共施設も充実。雇用確保に有利な地域といえる。

「プロロジスパーク千葉1」の施設は、約6万6000m2の敷地に地上5階建て、延床面積約14万7000m2のマルチテナント型施設。

「プロロジスパーク千葉2」と合わせ、最終的には延床面積約21万m2を超える物流ハブ「プロロジスパーク千葉」として完成する予定だ。

ダブルランプウェイにより、各階のトラックバースに45フィートコンテナセミトレーラーがアクセス可能な仕様。ワンフロアは中央車路を隔てて約7000坪、最小賃貸区画は約1400坪となる。

施設内で快適に過ごせる空間デザインを施し、レストランやカフェテリアスペースを設ける他、時差通勤を促す朝食サービスの提供や、専用送迎バスの運行、保育スペースの設置なども検討している。

施設運営では、館内のセキュリティや入退館効率を改善するレセプションシステムや、スマートバースシステムなど、最先端のICT技術を活用した設備を導入する予定だ。

<プロロジスの山田社長(左)とアズワンの井内社長>
プロロジスの山田社長(左)とアズワンの井内社長

アズワンの井内卓嗣社長は「これまで東京と大阪に倉庫を持っていたが、品揃えの充実と配送サービスの増強を目的に関東の第2拠点として入居することにした。一番の理由はその立地で、関東周辺のエリアを完全にカバーできることだ。さらに、プロロジスの施設はこれまでも利用したことがあり、信頼関係が構築できていることからも迷わず決めた。また、ネット通販などの進展もあり、より一層顧客の望む付加価値のある流通加工が必要になる。その意味でも最新の施設で挑戦していきたい。従業員は現在、約400名と見積もっているが、今後マテハン機器等の整備でどれだけ自動化を進められるか見極めながら、省人化・効率化に配慮した施設としたい」と話した。

プロロジスの山田御酒社長は「千葉県では14棟目、千葉市では初となる。物流施設は何といっても立地が一番。この土地は入札で購入したが、これには金額だけでなく提案という要素もあり、この提案内容が高く評価され落札できた。満床となると約1000人が働く場所となるため、レストランやカフェテリアも設置予定だ。従業員の働く環境を考慮し快適な環境を提供するのは当たり前。さらに、AIやロボット化についても研究を進め、「プロロジスパーク千葉1」が竣工する時には世界でも最先端の物流施設になると思う」と述べた。

■概要
名称:プロロジスパーク千葉 1
開発予定地:千葉県市稲毛区六方町210-1
敷地面積:6万6163.26m2
計画延床面積:14万6805.18m2
構造:地上5階建て、柱RC造、梁S造
着工:2018年5月
竣工予定:2019年9月

名称:プロロジスパーク千葉2
開発予定地:千葉県市稲毛区六方町210
敷地面積:3万134.32m2
計画延床面積:6万6000m2(入居企業の希望によりカスタマイズ)
構造:地上4階建てを想定(入居企業の希望によりカスタマイズ)
着工:2018年
竣工予定:2019年

最新ニュース