東邦化学/30億円投じ、中国で生産設備等増設で倉庫新設

2018年05月29日 

東邦化学工業は5月29日、中国の子会社、東邦化学(上海)の増設について、生産棟1棟、原材料・製品倉庫計4棟等を新たに設置すると発表した。

界面活性剤やアクリレート製品等を中心に今後も着実な増加が見込まれ、このまま推移すると2019年末には、既存設備がフル稼働の見通しで、生産能力が不足すが予想されるため、新たな生産棟と生産設備を増設する。

生産品目数の増加と販売数量の増加に伴い、製品と原材料の保管スペースが不足し、外部倉庫を利用しているが、今後の販売増加で、更なる保管スペースの不足が見込まれるため、構内保管が可能となるよう、工場敷地内に倉庫を新設する。

中国での事業継続は、経営戦略上不可欠の位置づけであり、2018年度は、売上の更なる増加も見込まれ、原料環境の不透明要因はあるものの黒字化を達成できるものと考えている。

■生産設備等増設の概要
主要新設建屋:生産棟1棟、原材料・製品倉庫 計4棟 等
主要導入設備:反応設備3基及び付帯設備
生産設備能力:8000t/年
着工時期:2018年内
竣工時期:2019年末
営業生産開始時期:2020年年央
増設費用:約30億円

最新ニュース