日通/タイ・バンコク向けハイスピード航空混載サービス発売

2018年05月29日 

日本通運は5月29日、成田空港深夜発フライトとタイ・ドンムアン空港の利便性を組み合わせた日本発タイ・バンコク向けハイスピード航空混載サービス「Don Mueang Midnight Express」を発売していると発表した。

<従来サービスとのリードタイム比較>
従来サービスとのリードタイム比較

「Don Mueang Midnight Express」は、成田空港発深夜フライトの活用により、出荷日の翌日未明にタイ・ドンムアン空港へ到着する。

ドンムアン空港は日系メーカーをはじめ、多くの外資系企業が進出するバンコク市北側にある工業団地群の近郊に位置し、通常利用されるスワンナプーム空港に比べ、空港到着から配達までの時間も短縮可能。

ハイスピードサービスを可能とした要因は、ドンムアン空港共同上屋での作業が、スワンナプーム空港と比較して3時間ほど早く対応が可能なため。

多数の外資系企業が進出している工業団地群に近く、配達するのに好適な立地の利便性もある。

ハンドキャリーと比べ安価な運賃設定で、空港間運賃で、ハンドキャリーの1/5~1/10程度(同社試算)だ。

海外への緊急輸送では、自社社員または委託先のスタッフが荷物と同じ航空機に乗り、手荷物または預け入れ貨物として到着空港での通関を行う「ハンドキャリー」と呼ばれるサービスが一般的だが、通常の航空混載サービスに比べ費用は高額になる。

日通は、近年Low Cost Carrier(LCC)の定期便就航に伴い、国際航空貨物の発着空港としても活用されているドンムアン空港の利点に着目し、新しい輸送サービスを開発した。

最新ニュース