いすゞ自動車ほか/日本初の大型LNGトラック、本格的公道走行実証開始

2018年05月25日 

いすゞ自動車と環境優良車普及機構は5月25日、日本で初めての大型LNGトラックの本格的な公道走行実証を開始すると発表した。

<大型LNGトラック>
大型LNGトラック

環境省事業「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」で開発された大型LNGトラック、LNGスタンドを使用して行われるもの。

実証に先駆けて6月1日に大阪市でLNGスタンドの開所式及び大型LNGトラックの出発式を行う。

環境省事業「大型LNGトラック、最適燃料充填インフラの開発・実証事業」は、環境省のCO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業として、いすゞ自動車、シェルジャパン、環境優良車普及機構は、2016年度から2018年度までの3年間の予定で、「大型LNGトラック及び、最適燃料充填インフラの開発・実証事業」を実施してきた。

具体的な事業内容は、航続距離1000km以上を実現する大型LNGトラックの開発を行うとともに、燃料充填インフラとなるLNGスタンドを構築し、主に東京・大阪間での高速走行を主体とした運送事業者による公道走行実証を行うもの。

この事業において開発した大型LNGトラックは、1000km以上の航続距離を確保するとともに、高速走行によって最新のディーゼル重量車燃費基準からCO2排出量を10%程度削減することが可能で、運輸部門の更なるCO2排出削減に資することが期待されている。

最新ニュース