京東集団/ハンブルクと西安を繋ぐ一帯一路の定期貨物列車開通

2018年05月25日 

中国の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団は5月11日から、 ドイツ・ハンブルクと中国・西安を繋ぐ定期貨物列車の運行を開始した。

<定期貨物列車の運行の様子>
定期貨物列車の運行の様子

開通したこの「移動倉庫」は、中国国内最大の国際内陸港・西安国際港務区と、 ドイツ・ハンブルクを繋ぐ、EC物流初の定期貨物列車。

16日間をかけて、ハンブルグからポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンを経由し、新彊ウイグル自治区の阿拉山口市から中国に入国し、目的地である西安国際港務区の鉄路コンテナセンターに到着する。

その後貨物は、中国エリアの京東物流によって全国各都市の保税倉庫へと送られ、最速で消費者の注文後1時間半程度の時間で商品を配達する。

この列車の開通により、運輸コストは空輸の5分の1程度、時間は海運よりも半分以上の短縮が可能となる。

貨物は現地の倉庫から鉄道のレール上の倉庫に移動し、そのまま中国国内の保税倉庫や中心部の倉庫へ移動するため、全移動工程において京東物流による追跡と厳格な監視が可能。

さらにこの物流モデルでは、商品が「移動倉庫」に移動した段階から世界中からデータにアクセス可能で、商品が国内倉庫に到着する前にも購入することができる。

京東集団の自社流通網は中国最大規模で、中国国外に110の倉庫、900本以上の国際路線を持ち、現在224の地域へ京東商城(JD.com)で購入された荷物を宅配することが出来る。

関連記事

最新ニュース