川崎汽船/コロナシリーズ石炭専用船を竣工

2018年05月23日 

川崎汽船は5月23日、今治造船グループの新笠戸ドックにおいて、8万8000トン型石炭専用船「CORONA XANADU」を竣工したと発表した。

<石炭船CORONA XANADU>
石炭船CORONA XANADU

石炭船CORONA XANADU

石炭船CORONA XANADU

「CORONA XANADU」は、プロペラの推進効率向上を目的として Weather Adapted Duct(WAD;ダクト型省エネ装置)を採用するなど従来船よりも更なる燃費改善を図り、またバラスト水処理装置採用により、海洋生態系保護に配慮するなど最新鋭の技術を導入し、環境にも配慮している。

川崎汽船のポスト・パナマックス“コロナシリーズ”は、電力炭輸送に最適な幅広浅喫水の石炭専用船。

■要目
全長:229.98M
載貨重量トン数:88,869MT
型幅:38.00M
総トン数:4万9733T
型深:19.90M
純トン数:28,528T
満載喫水 13.904M
ホールド/ハッチ数:5/5

最新ニュース