アマゾン/多治見FCでヤギによる「エコ除草」を6年連続実施

2018年05月23日 

アマゾンは5月23日、アマゾン多治見FCで、農業生産法人FRUSIC(フルージック)の協力のもと、環境への配慮と社員への「癒し」の提供を目的に、同社が飼育するヤギ達が敷地内の草の一部を食べる6年目の「エコ除草」を5月22日から実施している発表した。

<今年も多治見FCにヤギ達がやってきた>
今年も多治見FCにヤギ達がやってきた

<貫禄たっぷりのクッキー君>
貫禄たっぷりのクッキー君

<新たに参加した子ヤギ達も活躍>
新たに参加した子ヤギ達も活躍

<一心不乱に草を食べる姿は、「癒し」として社員にも好評>
一心不乱に草を食べる姿は、「癒し」として社員にも好評

2013年から多治見FCで実施しており、今年で6回目。

除草初日には総勢27頭のヤギ達が多治見FCを訪れ、第1回目から参加している大ベテランのクッキー君も、変わらず元気な姿を披露し、とてもおいしそうに草を頬張った。

今年は、新たに7頭のかわいい子ヤギも参加し、緑の斜面を元気一杯に駆け回って活躍。

10月末まで毎週火曜日9時~15時に行う予定で、ヤギたちは敷地内の一部約3750m2を除草する。

「エコ除草」は、自然環境に配慮した施設の整備と同時に、社員の働きやすい環境づくりの一環としてヤギたちによる「癒し」の提供も目的としており、社員からも好評。

今後も、環境に配慮した活動を推進するとともに、より利便性の高いサービスの向上に尽力していくため、社員が働きやすい環境づくりに取り組んでいく。

最新ニュース