三菱電機/70億円投じ、姫路製作所広畑工場で新棟竣工

2018年05月22日 

三菱電機は5月22日、モータージェネレーターやHEV・EV用インバーターを増産するために、兵庫県姫路市の姫路製作所広畑工場に建設していた新棟(第8工場)に竣工したと発表した。

<姫路製作所広畑工場第8工場のイメージ>
姫路製作所広畑工場第8工場のイメージ

順次稼働を開始し、自動車機器事業のさらなる拡大を目指す。

姫路製作所広畑工場内に第8工場を建設し、需要拡大が見込まれるモータージェネレーターやHEV・EV用インバーターの生産体制を強化する。

今後も同社が保有するパワーエレクトロニクスや車載制御、モーター巻線の独自技術を強みとする製品を開発・生産し、自動車機器事業のさらなる拡大を目指す。

■新棟の概要
所在地:兵庫県姫路市広畑区富士町1-40
延べ床面積約2万4000m2
構造:4階建
生産品目:自動車機器(モータージェネレーター、HEV・EV用インバーター)
投資金額:約70億円
環境・省エネ対策:空冷ヒートポンプチラー、LED照明(天井直付型43W×約1,700台・高天井型114W×60台)、電力設備監視システム、スーパー高効率トランス(6.6kV/200V/100V)、全熱交換器(換気システム)など

最新ニュース

物流用語集