ダイキン/ベトナムで空調機の新工場本格稼働

2018年05月21日 

ダイキン工業の子会社であるダイキンエアコンディショニングベトナム社は、ベトナムの首都ハノイ近郊に空調機の工場が完成し、本格稼動したと発表した。

<ベトナムの新工場>
ベトナムの新工場

新工場は、空調機の組み立てから、技術者の訓練や育成の機能も備えた、ベトナム初の本格的な空調機の生産工場。

訓練施設の充実など技術者育成の拠点としても活用し、急速に需要が拡大する空調市場にタイムリーに高品質な商品を供給する。

ベトナムは著しい経済発展と中間層の増加から、住宅用エアコンを中心に空調機の需要が拡大しており、アジア最大級の空調市場に成長している。

加えて、所得に比べて電気代が高く、インバータ付きエアコンのような省エネ製品が広まるなど、今後も需要の拡大が続くことが予想されるため、工場を建設し現地生産を行うことにした。

新工場は、IoTを活用した生産管理技術や検査システム、技能訓練など、ダイキングループの全世界の工場から技術やノウハウを集めたグローバル最新の空調機工場。

当面は住宅用エアコンを製造し、2020年までに100万台を生産できる体制を整え、今後の市場の成長にあわせて、生産品目を拡大する。

■新工場の概要
所在地:フンイエン省イエンミー県 第2タンロン工業団地
敷地面積:210,000m2
建屋面積:28,000m2
投資額:約80億円
生産品目:住宅用エアコン

最新ニュース