ダイトロン/8億円投じ、愛知県一宮市にディスプレイ等の製造装置工場建設

2018年05月21日 

ダイトロンは5月18日、愛知県一宮市中部工場の敷地内に、同社D&Pカンパニー、装置事業部門の工場(中部第二工場)を建設すると発表した。

<完成イメージ図>
完成イメージ図

中部工場は基幹工場として位置付けており、第二工場新設により、同一の敷地内に電子機器・部品関連の工場と製造装置関連の工場を併設することとなる。

生産部門の統合強化、技術融合や製造プロセス管理の統一化を実現し、新技術・新製品創出、生産効率の向上など、新たなシナジー効果の最大化をめざす。

なお、他の既存工場は、研究開発機能・エンジニアリング機能を重点的に強化し、新工場の成算機能とともに、開発・生産のネットワーク化を推進する。

■新工場概要
名称:ダイトロン中部第二工場(仮称)
所在地:愛知県一宮市木曽川門間字宇島海
建築面積:約2400m2(鉄骨2階建)
延床面積:約4300m2
投資金額:工場建設8億円(建物および設備機器)
工事着工:2018年6月予定
完成:2018年12月予定

最新ニュース

物流用語集