川崎汽船/グループの環境マネジメント推進体制が「適合宣言書」を取得

2018年05月17日 

川崎汽船は5月17日、川崎汽船とグループ14社がグループ全体として環境マネジメントを推進するための体制「DRIVE GREEN NETWORK」(「DGN」)に関する第三者機関(DNV-GL)による適合監査を受け、「適合宣言書」を取得したと発表した。

「DGN」は、川崎汽船グループ全体で環境コンプライアンスを確保しつつ、PDCAサイクルを機能させながら継続的に環境保全活動の改善を図ることを目的として、2017年6月に始動した。

グループ各社が日常業務の中に環境の課題を見出し、取り組むことで、グループ全体として持続可能な社会の実現を目指す。

「DGN」は3段階でグループ全体への導入を予定しており、今回の適合宣言書の適用範囲は、Phase1の15社(当社を含む国内14社と海外1社)にあたる。

Phase2の2018年は、国内全てと一部の海外グループ会社、そして川崎汽船が100周年を迎える2019年にはグループ全社への導入を予定している。

「DRIVE GREEN NETWORK」の名称は、2016年に竣工した次世代環境対応フラッグシップ“DRIVE GREEN HIGHWAY”の、未来に向けて一歩先んじる志を受け継ぐ願いを込めて名付けた。

最新ニュース