NTTロジスコ/医療機器物流の共同配送サービス開始

2018年05月17日 

NTTロジスコは5月17日、医療機器物流の3PL事業を運営するメディカルロジスティクスセンターで、共同配送サービス「メディカルライナー」を開始したと発表した。

<医療機器物流の共同配送サービス「メディカルライナー」概要>
医療機器物流の共同配送サービス「メディカルライナー」概要

NTTロジスコでは複数の医療機器メーカーの届け先を分析したところ、届け先が同一であったり、特定のエリア・方面に集中する傾向が明らかとなったため、前述の配送の課題を解決するために、複数の医療機器メーカーの製品を共同で配送する専用のルート便「メディカルライナー」を構築した。

「メディカルライナー」を利用することで、医療機器物流の配送において、配送コストの低減、品質の向上と資材費の低減、納品条件に柔軟な対応が可能、届け先の作業負担軽減などのメリットがある。

現在、メディコンの物流業務を皮切りに北関東エリアのルート運用を開始し、今後、メディカルロジスティクスセンターで物流業務を運営する医療機器メーカーの共同配送を拡大すると共に、東京23区・横浜・川崎エリアを対象とした新ルートを構築する。

なお、メディカルロジスティクスセンターは、NTTロジスコが2002年から取り組んできた医療機器物流のノウハウを結集させ、医療機器物流のオペレーションを専門的に行う物流センターとして2017年10月に新設し、現在12社の医療機器メーカーの物流を取り扱っている。

メディカルロジスティクスセンターの配送業務は、物流業務ごとに適した配送会社を選定し、宅配便及び路線便等を利用して医療機器ディーラーや医療機関へ製品を届けている。

最新ニュース