三井物産、三菱地所/マレーシアで賃貸用物流施設・工場開発事業に参画

2018年05月17日 

三井物産とマレーシアの不動産開発企業 Sime Darby Property 社の合弁会社は5月17日、クアラルンプール近郊で賃貸用 BTS型(注文建築)物流施設・工場開発を行う事業用地の売買契約を5月16日に締結したと発表した。

<プロジェクト計画地>
プロジェクト計画地

<投資スキーム>
投資スキーム

三菱地所も関係当局の許認可取得後に参画し、以後の出資比率は、Sime Darby Property社50%、日方50%(三井物産60%、三菱地所40%)となる。

顧客の要望に合わせて物流施設や工場を開発する事業であり、敷地面積は16万m2、総事業費は約130億円(約5億3000万マレーシア・リンギット)に及ぶ。

パートナーのSime Darby Property 社は、45年に亘る不動産開発の歴史と 23 案件に及ぶタウンシップ開発の実績を有するマレーシア大手不動産開発事業者であり、将来開発可能な土地を約8400ヘクタール保有している。

三井物産と三菱地所は海外において、物流施設開発事業を中国と米国カリフォルニア州にて共同で事業化した実績があり、この事業は第3号案件となる。

三井物産は国内外でのオフィスビルや物流施設の開発・REIT 運営事業等を手掛けた実績を梃子に、これまでインドネシアやマレーシア・ジョホール州においても賃貸用物流施設・工場の開発事業を進めているが、この事業を契機に、更なる事業ポートフォリオの拡大を目指す。

三菱地所グループは、欧米における不動産開発・保有事業に加えて、アジア・オセアニア地域9か国で海外事業を展開しており、今後も世界各国で培ってきた不動産開発ノウハウ・商品企画力を生かし、積極的に海外での不動産事業を進めていく。

■プロジェクト概要
所在地:マレーシア Bandar Bukit Raja(バンダー ブキラジャ)1
用途:物流施設及び工場
土地面積:約15万7000m2
延床面積:約15万5000m2(想定)
総事業費:約130億円(想定)
着工日:2018年10月(第1期、予定)
竣工日:2019年9月(第1期、予定)

最新ニュース