日本GLP/大阪府寝屋川市で2.7万m2の物流施設竣工、丸二倉庫の拠点に

2018年05月17日 

日本GLPは5月16日、大阪府寝屋川市で先進的物流施設「GLP寝屋川」を竣工したと発表した。

<GLP寝屋川>
GLP寝屋川

GLP寝屋川は、首都圏と京阪神地区を中心にファッションアパレル、雑貨、EC等の物流事業を展開する3PL企業の丸二倉庫が配送拠点としての立地の良さと既存3拠点の集約統合効果、BCPと環境配慮の観点から着工前に入居を決定。アパレルメーカーのアーバンリサーチの全国配送向け物流拠点として運営する。

GLP寝屋川は、地上4階建て鉄骨造、延床面積2万7233m2の先進的物流施設で、大阪の都心部まで約14kmの内陸部に位置し、新国道1号線、外環状線といった幹線道路へのアクセスに優れる。

第二京阪道路寝屋川南ICより約1.8km、寝屋川北ICより約2.8kmと主要高速道路のICにも至近で、近畿自動車道、名神高速道路、中国自動車道への接続を通じた西日本を中心とした広域配送にも適している。

周辺環境としても市街地に近接していることから、物流事業の課題となっている雇用確保の点でも優位な立地。

施設面においても、丸二倉庫向け仕様として庫内で働く従業員の労働環境向上に注力し、冷暖房設備の設置と併せて、大型シーリングファン「ビッグアスファン(Big Ass Fans)」を併設し、空調効果の更なる向上と設備投資に対する費用対効果の最大化を目指す。

環境配慮の点から屋根材に高反射色を採用し、最上階の断熱性および遮熱性対応策を施したほか、各階にハイサイドライトを設置し、外からの光を採り入れ、庫内照度を確保しつつ省エネ化を実現した。

BCP対策としては、非常時のトイレ洗浄等への井戸水利用のほか、非常用発電機を設置し、トイレ・事務所などへの電気供給に加えて、日本GLPとして初めて倉庫エリアの一部へも電気供給を可能にするなど一層の強化を実施した。

<日本GLP・帖佐社長(中央)と丸二倉庫・湯川社長(右)、アーバンリサーチ・竹村社長(左)>
日本GLP・帖佐社長(中央)と丸二倉庫・湯川社長(右)、アーバンリサーチ・竹村社長(左)

日本GLPの帖佐 義之社長は、「この施設は関西内陸エリアでの物流拠点として最適な立地環境を提供している。

丸二倉庫とアーバンリサーチの更なる事業拡大に向けて物流オペレーションをサポートしつつ、環境対応、快適性、BCP対策などにも工夫を凝らし、効率的かつサステイナブルな物流業務運営の実現に貢献していく」と述べている。

■施設概要
施設名:GLP寝屋川
所在地:大阪府寝屋川市小路南町10-10
敷地面積:約1万3328m2
延床面積:約2万7233m2
構 造:S造(耐震構造)
着工:2017年7月
竣工:2018年4月

最新ニュース