パイオニア/クラウド型運行管理サービス、補助金対象に認定

2018年05月16日 

パイオニアは5月16日、子会社のパイオニア販売が、 経済産業省の2017年度「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」において「IT導入支援事業者」に採択され、 同社が提供する業務用車両向けクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」が、 補助金対象のITツールとして認定されたと発表した。

パイオニア販売は、「ビークルアシスト」の導入に関わるIT導入補助金の代理申請を行うとともに、各事業者のさまざまな業務効率化を支援する。

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、中小企業・小規模事業者などがITツール(ソフトウエア、 サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートする経済産業省の取り組み。

なお、「ビークルアシスト」は、 カーナビゲーションやドライブレコーダー、 スマートフォン/タブレットなどを使用し、車両の動態管理や訪問コース・業務内容の指示、危険運転の通知・分析など高度な運行管理・支援を行えるサービス。

「事故削減」「巡回業務効率化」「行動管理」など企業が抱える車両運行業務のさまざまな課題を解決する。

■概要
申請期間:(一次公募) 2018年4月20日(金)~2018年6月4日(月)
     (二次公募) 2018年6月中旬~2018年8月上旬(予定)
      (三次公募) 2018年8月中旬~2018年10月上旬(予定)
補助金:サービス、 ソフトウエア導入費用の2分の1以内(上限額50万円、下限額15万円)
補助対象者:1. 日本国内で実施される事業であること。
2. 事務局が採択したIT導入支援事業者のITツールを導入する事業、される事業であること。
IT導入補助金の対象となるパイオニアのサービス:クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」 パッケージ クラウドサービス利用料(1年間分)

■問い合わせ
パイオニア業務用カーソリューションコンタクトセンター
TEL:0120-337-018
http://pioneer-carsolution.jp/cloud/it-hojo/

最新ニュース