北海道/道産食品輸出拡大に向けた輸送体制検討事業、委託業務を公募

2018年05月16日 

北海道交通企画課は5月15日、道産食品輸出拡大に向けた輸送体制検討事業委託業務に係る公募型プロポーサルを実施すると発表した。

道内・国内市場の縮小が見込まれる中、北海道経済の持続的発展に向けては、海外需要の獲得が不可欠であるこから、北海道創生総合戦略の目標達成に向け、2015年度末に策定した「北海道食の輸出拡大戦略」に沿って取組を進めている。

「北海道食の輸出拡大戦略」の基本戦略として「商流・物流網の整備」が位置付けられているなど、更なる道産食品輸出拡大に向けては効率的な物流体制の構築が不可欠。

2017年度事業で、大口貨物を輸送しているルートの空きスペース等を活用した小口貨物の混載輸送を実践し、大口荷主及び小口荷主のメリットを明らかにした一方、混載貨物の集荷等が課題であり、輸出拡大には、それらを取りまとめオペレーションする通年の安定的な輸送体制づくりに向けた取組が必要。

2017年度の成果を関係する事業者等に周知し、混載輸送の取組を促進するとともに、障壁となっている課題等を明らかにし、効率的な輸送体制づくりに向けた検討を行う。

業務の内容は、「関係事業者の抽出」「混載輸送の取組の周知等」「輸送等における課題の把握」「今後の取組の方向性検討」「事業結果の取りまとめ」。

関係事業者(想定)では、荷主関係:商社(地域商社を含む)、サプライヤー(メーカー等) など、輸送関係:通関事業者、輸送事業者 など、その他 :関係団体などとなっている。

■公募内容
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/stk/300515yusou01.pdf

■公募型プロポーザル方式に関する事務を担当する組織
北海道
総合政策部交通政策局交通企画課(担当:荒井)
所在地:札幌市中央区北3条西6丁目(道庁3階)
TEL:011-231-4111(内線 23-843)
011-204-5967(直通)

最新ニュース