日立物流/RFIDを活用した次世代物流サービスで協業

2018年05月16日 

日立物流は5月16日、大日本印刷(DNP)、東芝テックと共同で、ICタグ(RFID)を用いた次世代物流サービスの実用化に向けて、協業を開始すると発表した。

<サービスの概要図 赤枠はRFIDを使用した実作業またはRFIDで取得したデータの利活用項目>
サービスの概要図 赤枠はRFIDを使用した実作業またはRFIDで取得したデータの利活用項目

製造地でRFIDを貼付し、以降のあらゆるプロセス(製造拠点、物流センター、店舗等)での活用により作業効率を高め、省人化や作業品質のさらなる向上を実現する。

RFIDで取得した製造、入出荷、販売等のデータを活用し、廃棄ロスや機会ロスを最小限にするとともに、より的確な需要予測、サプライチェーン全体での最適な在庫配置、人々のニーズに合った新製品開発と店舗での新たな顧客アプローチを行うなど、次世代のマーケティング手法の確立を進める。

各社の役割は、日立物流は物流業務のノウハウの提供、物流センター運営、 DNPがRFIDの提供、RFIDで取得したデータの利活用、東芝テックが情報共有システム、情報機器、運用に関する知見の提供を行う。

なお、流通・小売業界では近年、少子化の影響を受け、人手不足と労務コスト上昇の2つが課題となっている。

廃棄ロスの削減や、入出荷、棚卸し業務の作業生産性向上など、サプライチェーン全体の効率化が求められている。

その解決手段の一つとして、RFIDが注目されており、アパレルメーカーやコンビニエンスストア、ドラッグストア、百貨店業界等で、導入の検討が進んでいる。

3社は、このRFIDを活用した次世代物流サービスの早期実用化に向けて、協業を開始する。

最新ニュース