佐川アドバンス/三井住友海上の最高位代理店に認定

2018年05月16日 

佐川アドバンスは5月15日、4月1日付けで、三井住友海上火災保険による損害保険代理店格付け制度の最高位「ハイグレードエージェント(HGA)」に認定されたと発表した。

<認定証授与式後の記念撮影(前列右から三井住友海上火災保険 能城 功常務執行役員 東京企業第二本部長、佐川アドバンス 渡辺 加寿惠代表取締役)>
認定証授与式後の記念撮影(前列右から三井住友海上火災保険 能城 功常務執行役員 東京企業第二本部長、佐川アドバンス 渡辺 加寿惠代表取締役)

HGAは、三井住友海上での代理店業務ランクの最高位であり、業務品質、管理体制、営業収益力等、さまざまな視点で厳正な審査を受け、各要件を兼ね備えた代理店のみが認定されるもの。

2016年5月の改正保険業法施行や保険ニーズの多様化、少子高齢化、マイナス金利政策などの影響で、保険業界を取り巻く環境が大きく変化している中、佐川アドバンスでは、保険販売事業の業務品質や管理体制を高度化し、それらを武器とした増収基盤を構築することでさらなる企業成長を果たすべく、HGAを取得した。

最新ニュース