デンソー/トラックに後付けドライバーステータスモニター発売

2018年05月15日 

デンソーは5月15日、トラックやバスなど商用車の交通事故低減に寄与する安全製品として、既販車両に後付け装着可能なドライバーステータスモニターを発売した。

<後付けドライバーステータスモニター>
後付けドライバーステータスモニター

発売する製品は、車室内のカメラで撮影したドライバーの顔の画像から、脇見、眠気、居眠り、不適切な運転姿勢などの運転状態を推定し、音声で警告する安全製品。全国のバス・トラック販売店、デンソーセールスおよびデンソーサービス店などにて販売を開始し、順次、海外でも販売していく予定。

新製品は、FotoNation社の持つ顔画像認識およびニューラルネットワーク技術により、検出する顔特徴点を格段に増やすことで、運転状態の検知精度とマスクやサングラスなどによる顔の部分隠ぺいに対するロバスト性を飛躍的に高めた。

トラックやバスなどの大型商用車両は事故による被害が甚大化しやすい一方で、車齢が長いため既販車両には最新の安全装置の普及が進みにくいという課題がある。

今回発売するドライバーステータスモニターは、既販車両に後付けで装着することができるため、大型商用車への安全装置の普及を加速させ、前方不注意などに起因する事故の低減に貢献するとしている。

■製品仕様
本体:動作温度範囲-30℃~70℃
電源電圧:8V~32V
消費電流:最大1.0A(24V時)
暗電流:最大3mA
外形寸法:148mm(幅)×112mm(奥行き)×35mm(高さ)
カメラ 動作温度範囲:-40℃~90℃
外形寸法:106mm(幅)×26mm(奥行き)×27mm(高さ)
メーカー希望小売価格 :オープン価格

最新ニュース