日通/日本欧州間複合一貫輸送開始、中国欧州鉄道利用

2018年05月15日 

日本通運は5月15日、海上輸送と鉄道輸送を組み合わせた日本欧州間の複合一貫輸送サービス「Eurasia Train Direct(Sea & Rail)」と航空輸送と鉄道輸送を組み合わせた「Eurasia Train Direct(Air & Rail)」を5月21日から販売開始すると発表した。

<Eurasia Train Direct(Sea & Rail)とEurasia Train Direct(Air & Rail)のルート図>
Eurasia Train Direct(Sea & Rail)とEurasia Train Direct(Air & Rail)のルート図

Eurasia Train Direct(Sea & Rail)サービスは、日本の主要港(東京/横浜/名古屋/大阪/神戸)から中国・大連までの海上輸送と、大連からドイツ・デュイスブルグまでの鉄道輸送を組み合わせたもの。

東京港からデュイスブルグ鉄道ターミナルまでのリードタイムは最短で28日となる。

従来のALL-WATER での海上輸送(約40日)に比べ、大幅なリードタイム短縮を実現。

発地でバンニングしたコンテナは仕向地までワンウェイで利用が可能となり、積み替えをすることなく輸送できる。

日通がHouse Waybill を発行し、発地から着地まで一貫して輸送責任を明確化することで顧客に安心のサービスを提供するとしている。

Eurasia Train Direct(Air & Rail)サービスは、日本の主要空港(成田/羽田/中部/関空)から中国・重慶までの航空輸送と、重慶からドイツ・デュイスブルグまでの鉄道輸送を組み合わせたもの。

貨物量に応じてコンテナ貸切(FCL)サービス、混載輸送(LCL)サービスの利用が可能で、成田空港からデュイスブルグ鉄道ターミナルまでのリードタイムは最短でFCLでは22日、LCLでは24日となる。

混雑時や有事の際に、航空輸送と海上輸送の中間に位置する「第3の輸送モード」として利用できる。主要空港(成田/羽田/中部/関空)より、利用可能。

また、航空輸送から鉄道輸送への接続ポイントとなる重慶では、煩雑な手続きを日通スタッフが責任を持って対応する。

今後、日通では、Eurasia Train Direct(Sea & Rail)/(Air & Rail)ともに、顧客の要望に合わせて、他ルート(重慶・大連経由以外)についても商品化を進めていくとしている。

■日通の国際輸送サイト
https://www.nittsu.co.jp/railfreight/

最新ニュース