村田機械/パーツセンター自動倉庫にNECのソリューション導入

2018年05月14日 

村田機械は5月14日、2月に稼働を開始した犬山事業所に設置の「ムラテック・グローバルパーツセンター」(MGPC)に、日本電気(NEC)のSDNソリューションを導入したと発表した。

MGPCの自動倉庫には、各種センサやカメラを多数設置して稼働データを収集し、機器の稼働監視や予防保全の実現を目指している。

GPC内のネットワークトラブルによる稼働停止についても対策が必要で、万一の障害発生時にも障害箇所の迅速な特定・復旧を可能にするため、村田機械はIoT分野において協力を受けているNECのSDNソリューションを導入した。

自動倉庫などの制御系やカメラ・センサ系など用途の異なる仮想ネットワーク(VTN)を柔軟かつ迅速に構築・再設計が可能となり、将来的なIoT活用によるシステムの強化にも対応したネットワーク基盤となっている。

倉庫内のネットワーク全体を可視化し、状況に応じて容易にネットワークの経路制御や設定変更ができるため、障害発生時でも障害箇所を迅速に特定し早期復旧に向けた対策を可能としている。

村田機械ではMGPCでの運用実績を分析し、顧客に販売・納入する自動倉庫や搬送装置などの物流システムについても、将来的にMGPCと同様の稼働監視システムを搭載する場合には、SDNネットワークの導入を視野に入れている。

最新ニュース