トナミHD/3月期の売上高4.3%増、営業利益10.0%増

2018年05月11日 

トナミホールディングスが5月11日に発表した2018年3月期決算によると、売上高1308億8600万円(前年同期比4.3%増)、営業利益56億3100万円(10.0%増)、経常利益61億1000万円(13.5%増)、当期利益31億5900万円(16.0%減)となった。

物流関連事業は緩やかな輸送需要の回復の中、運賃・料金の適正収受や3PL事業の流通センター運営の充実につとめ、売上高は1207億5100万円(4.5%増)となった。

営業利益は、働き方改革の進展により、外部戦力を含めた人的コストや委託費等の下払い費増の中、運賃・料金の是正効果や輸送効率向上による負担軽減等もあり、49億7700万円(11.2%増)となった。

次期は、売上高1350億円(3.1%増)、営業利益65億円(15.4%増)、経常利益67億8000万円(11.0%増)、当期利益48億円(51.9%増)を見込んでいる。

最新ニュース